スパロボBX第13話ガリアンの目覚め

 

ガリアンはゴーグのサブキャラかと思ってました(反省)

ゴーグの島からガリアンの別宇宙に繋がるのはシナリオうますぎとしか言えない。

ハイシャルタットと総当たりさせて各キャラのセリフを読む読む。

騎士ガンダム系のセリフが他アニメの名前を叫びまくるので楽しい。(騎士アレックスのハイシャルタット覚悟!とか)

敵にクランとルカの姿が、敵仕様なのでHPが高くて硬い。もちろんアルトをぶつけて会話を楽しむ。

次はSMS救出回だな。

スパロボBX第12話それぞれの決意

インターミッションで凱たちが捕まって初期出撃できないのが痛い。

地味に敵の射程が長いので近寄るのに苦労した。

初期敵を全滅させたら、敵の増援で挟撃される形に。

凱たちも脱出&出撃。

リディのデルタプラスの出現位置は微妙すぎだろ。

ゴーグは空に攻撃するには岩石を投げるしかない。うーむ、まだ使えないな。

敵のロッドの声がシャアの声なので、いろんな味方を当ててボイスを楽しむ。

ロッドとフル・フロンタルの絡みが今から楽しみである。

敵を一掃したらブルーヴィクターが空から降ってきて喋る喋る。

んで、転移エンド。

1話あたりの戦闘が段々と増援があるので長くなってきた気がする。

平均レベルは20。

スパロボBX第11話巨神との出会い

ボイス有りでマッドォォォォには驚いた。

騎士ガンダムでひたすら耐える序盤。

集中かけて反撃してたら一気に撃墜数がトップエースに。

ガオガイガーを上回るとはさすがです。

騎士ガンダムはENじゃなくてMPなのに改造画面でいまさら気づく。

ゴーグは強いのか、弱いのか…謎。

NPC扱いで戦ったので本当に謎である。

スパロボBX第10話皇の浮上

突然のダンバイン

そしてマジンカイザーSKLの参戦。

俺たちが地獄だというボイスに痺れる。

あと久々にオーラ力(ちから)という読み方言い方を聞けてよかった。

マジンカイザーSKLゲッターロボ的ポジションなのかな?かなりバイオレンスなキャラ立てだ。

ビルバインでずっといけるかと思ったら、しばらくダンバインで戦わないといけないとな。これはがっかりである。

しかし、まだ10話なのでしょうがないか。

ショウの声がカミーユに聞こえてしまうのも、しょうがない。

 

スパロボBX第9話激突するユニコーン

ガンダムユニコーンビームサーベルと剣士ゼータの龍の盾が激突することを意味する題名。

剣士ゼータが確かにユニコーンな格好をしているので、うまい題だ。

騎士ゼータが援護攻撃や援護防御の時に刹那殿!リディ殿!とか叫ぶのもよかった。

シナリオもガンダムUCをベースにガンダムOOナデシコがいい感じに混ざっていて、フル・フロンタルのずる賢い感じやソレスタルビーイングの立ち位置の設定がすごくよかった。マリーダと刹那に触発されてユニコーンのNT-Dが暴走気味に発動するシークエンスとか最高!

 

基本的に戦闘デモはONにして全部観るプレイをしているのだが、今回の大量の敵がジオンのために〜としゃべりまくるので本当にネオ・ジオンの一般兵はジオンのためにがんばっているというのが伝わってくるのでおすすめ。

そしてついに10話からは地球組と合流のようだ。

誰を出撃させるか悩むな。

Garmin vivosmart HR Jの心拍データ転送モードについて

f:id:tomita_yuuta:20170331085935j:image

↑この画面の状態で、画面を長くタッチすれば

f:id:tomita_yuuta:20170331090202j:image

↑このような表示がでるので、心拍転送モードを開始することができる。

 

どの程度の正確さかはわからないがGARMINのEdgeシリーズと合わせて心拍記録をするのに便利である。

スパロボBX第8話月面の邂逅

アキトとジラードはすぐにタッグを組ませて味方増援を待つことに。

2人とも強いので落とされる気がしなかった。

ジラードは新たなナデシコキャラかと思ったらガンダムAGEなのね。

あと味方増援で何も考えずに陸戦状態のエステバルスで普通に出撃させたら、全く戦えない事が判明。

リセットしてステージの最初からやる羽目に。

この辺の融通がきかないのにびっくりした。(他のスパロボでは戦闘前のインターミッションでウリバタケが宙間戦闘だから0Gにした、ヤリを待たせたとかいう流れで最初の宇宙戦は勝手に0G装備になってた事があった気がする)

木星蜥蜴の正体が人間とわかっても、吹っ切れてるアキトがかっこよすぎだ。