読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スパロボBX第8話月面の邂逅

アキトとジラードはすぐにタッグを組ませて味方増援を待つことに。

2人とも強いので落とされる気がしなかった。

ジラードは新たなナデシコキャラかと思ったらガンダムAGEなのね。

あと味方増援で何も考えずに陸戦状態のエステバルスで普通に出撃させたら、全く戦えない事が判明。

リセットしてステージの最初からやる羽目に。

この辺の融通がきかないのにびっくりした。(他のスパロボでは戦闘前のインターミッションでウリバタケが宙間戦闘だから0Gにした、ヤリを待たせたとかいう流れで最初の宇宙戦は勝手に0G装備になってた事があった気がする)

木星蜥蜴の正体が人間とわかっても、吹っ切れてるアキトがかっこよすぎだ。

 

ウィッチャー3 ワイルドハント ゲームオブザイヤーエディションで別衣装を有効にする方法について

f:id:tomita_yuuta:20170328135607j:image

しばらくゲームを進めてから、スタート画面のメニューから「ゲームプレイ」を選び、下の方にスクロールすると各キャラクターの別衣装を選べるようになる。

最初の段階では別衣装の項目はないので、注意が必要。

スパロボBX分岐シナリオ:月へ向かうルート選択

インターミッションガンダムUCの1話の忠実な再現会話がよかった。(ガンダムUCにオードリーと同乗するが)

そして、分岐シナリオの選択。

これはナデシコたちと月に行って早くバナージと会うしかないでしょう。

あとアカツキがヨウタの指導役になることに、今作のアカツキは使えるキャラになっているのかな?

 

困ったことにマジンガーガオガイガーしか改造してこなかったので、しばらく戦闘がキツそうである。

 

スパロボBX第7話君が守りたい『何か』

ついにパートナと組んで出撃することに。なかなかにいい仕組み。

ひたすらにカトンボたちを倒していたら…自爆マジンイベントに。

自爆マジン。ボソンジャンプで飛ばすためにアキトが無理やり出てきて以下のセリフにボイスがついてたのには泣けた!!

「俺にできる事…

俺にしかできない事…

本当にあるのか…?

俺は何かになれるのか!?」

+ユリカの絶叫もボイス付き。

そのあと戦線から遠いところにではあるが、ガオガイガーが気合で出撃してきたのもよかった。

パートナをどう組ませるか悩むな。

 

スパロボBX第6話絶対無敵の合体ロボ

インターミッションで、ついにバナージの姿が!!!昂った。

ライジンオーの声あり登場は完全にポケモンのサトシがピカチュウ10まんボルトだと言っているようにしか聞こえなくて困った。

キングジェイダー声あり登場まであるとは、今作は本当に贅沢にイベントを作ってくれている。

GGG基地が破壊されてネルガルにみんな集まる感じになったか。

スパロボBX第5話始まりの鐘

題名は、後半にナデシコ部隊がチューリップから出てきたのでオモイカネとかけているのかな。

ナデシコが出現した瞬間にグラビティブラストでバッタたちを一掃する演出がよかった。(ダイゴウジガイがナデシコの話の進み具合的に出てこなさそうなのが悲しい)

ガオガイガーの有効射程範囲外からの敵の攻撃後のセリフがワンパターンしかなくて萎えた。

戦闘終了後のインターミッションフル・フロンタル様がちらっと出たので、ついにUCガンダムのシナリオが始まりそうである。

あ、敵のボスは倒せずに撤退させてしまったのが心残りである。(コンテニューしない主義なので)

スパロボBX第4話ミッシング・イグジスタンス

題名は、見つからない存在とな。(見えない槍のことか?)

ファルセイバーとガオガイガーチームは顔見知りなのね。

そして、いきなり宇宙へ。邪魔されずに宇宙に行くのは新鮮であった。

戦闘開始直後に主人公と甲児は宙間戦闘は不慣れだという会話があったが、機体の適正はAだったので気にせず前へ。(GP-01のように全く宇宙で動けない設定かと思った。)

デストルークは、オリジナルの敵なのね。撤退する時に、槍を持って行ったのでエヴァかと思ってしまった。

バジェラは基本的に射撃攻撃しかないので、ガオガイガーのプロテクトシェードで無双できた。

マジンガーは光子力ビーム砲台にして前衛はガオガイガー。ENが切れたらバルキリーVF-19Eエクスカリバーに補給させるの繰り返し。バジェラはエネルギーシールドと毎ターンのHP回復でなかなかに硬かったが、なんとか勝利。

マクロス30のバルキリーのファイター形態は移動距離+1と空Sだが武器が少なすぎて…

アルトの見切りが気力130で発動しても回避無双できる訳ではなかったので、要改造だ。